部屋をおしゃれにするコツ | インテリア実例

アジアンテイストな部屋づくり | 癒しのアジアンリゾートを再現

バリやプーケットなど、誰もが憧れるリゾートテイストたっぷりのアジアンスタイル。

自分の部屋にそんなアジアンテイストを再現することで、癒しやリッチ感、楽しかった旅の思い出などが甦ってくるのではないでしょうか。

この記事は、アジアンリゾートインテリアのおすすめポイントを挙げてみました。

自然素材をふんだんに

アジアンテイストな部屋づくり

アジアン家具の特徴は、何といっても自然素材でできていること。

南の島のリゾートホテルで思い浮かべるのは、例えば優美な編み込み細工のチェアーなどではないでしょうか?

●ラタン
ラタンは古くから日本でも籐と呼ばれて親しまれてきた素材です。しなやかな強度があり通気性にもすぐれているため、日本の風土にも適しているといえるでしょう。

●ウォーターヒヤシンス
アジアンインテリアで多く目にするウォーターヒヤシンス。ウォーターヒヤシンスはアジアの雰囲気にぴったりで、さらに近年注目のエコ素材としても知られています。耐久性がありながら、その柔らかで独特な質感が魅力です。

●バンブー
日本人にも馴染みの深い竹素材。丈夫さと加工しやすさを併せ持ち、どこか懐かしさも漂う表情が魅力です。涼しげで滑らかな質感は、アジアの風を感じさせてくれるのに最適です。

重厚感あふれる天然木の家具

天然木をふんだんに使用した家具を取り入れることも、アジアンインテリアの特徴になります。

テーブルやチェアー、チェストやシェルフなど、無垢材ならではの重厚な雰囲気が大きな魅力となっています。

特に用いられる素材がチーク材。チークはウォールナットやマボガニーと並んで世界三大銘木の一つに数えられる木材です。チークの最大の魅力となっているのが、流れるようなその美しい木目。ほどよいツヤ感は年月と共にさらに深みと輝きを増すことでしょう。

ほかにもマホガニーやラバーウッドをはじめ、本物の木ならではの存在感を見せる家具の数々が人気を集めています。

小さめのスツールやサイドテーブルなどは手ごろな値段で出回っているものもあるので、是非ピンとくるものを探してみてはいかがでしょう。

ファブリック使いが決め手

アジアンテイストの部屋づくり

アジアンリゾートを演出するなら、布使いにもこだわりましょう。

アジア風の織物や染物を取り入れるだけで、たちまちお部屋の雰囲気が変わります。カーテンやクッションなど簡単にトライできます。

インド綿のラグやエスニックな染をほどこしたフリークロスは比較的安く手に入るのでおすすめです。

最後にグリーンとライトで仕上げ

モンステラなどの大きめの葉を持つ観葉植物を置いて、アジアンテイストのスタンドなどで間接照明をプラスすれば、完璧なアジアンリゾートのお部屋の完成です。

日々の喧騒をしばし忘れてゆったりと寛ぐことができるでしょう。