部屋をおしゃれにするコツ | インテリア実例

毎日を快適にする北欧スタイルの部屋

数あるスタイルの中でも不動の人気を誇るのが北欧テイストのインテリアです。

寒さが厳しく冬の期間が長い北欧。だからこそ、多くの時間を過ごす家の中に温もりたっぷりの快適さが追求されてきたのでしょう。

この記事では、そんな北欧スタイルを取り入れるポイントについてお話しします。

北欧スタイルの部屋づくり

北欧スタイルの部屋づくり

鮮やかな色づかいのファブリック

北欧のインテリアで目を引くのがファブリック使いです。

布地には大胆で伸び伸びとした柄を用いることが多く、そのカラーもハッとするようなインパクト大のデザインが豊富です。柄の中でも特に好まれるのが、植物や動物など自然をモチーフにしたタイプになっています。

ファブリックは北欧スタイルでは外せないマストアイテム。カーテンやクッションカバー、タペストリーやランプシェードなど多様な用途で活躍します。

もし部屋の中に別の柄が混在しても、北欧テイストで揃えていれば違和感がないのもポイントといえるでしょう。

同じテイストの北欧食器も大人気。

生命を謳歌するような美しい色柄のアイテムたちに囲まれて暮らせば、自然と気分も高揚しますね。

間接照明を取り入れて

北欧風の部屋に仕上げるには間接照明が欠かせません。

いつもぬくもりのある明かりと共に暮らしたい、日照時間が少ない北欧ならではの工夫です。

天井や壁に反射させることで周辺を柔らかに照らす間接照明は、癒しの空間にまさに最適なアイテムです。

同じ照明でも蛍光灯は冷たい印象を与えるので避けましょう。

ナチュラル感のあるシンプルデザイン

北欧家具の特徴はシンプルなものが多いこと。

自然素材を使用したものが多く、柔らかでぬくもり感がある中にすっきりとしたモダンな味わいをプラスしたものが人気です。

自分好みにアレンジも可能

北欧スタイルを進化させたコーディネートもおすすめです。

例えばクールで都会的な印象のモダンテイストをプラスした北欧モダン。シャープなフォルムやガラスやステンレスといった素材使いと、北欧のぬくもり感が絶妙にマッチしたおしゃれなスタイルです。

またレトロ感を加えてちょっぴりシックに仕上げた北欧ヴィンテージでは、1950年代前後からのユーズド家具の何ともいえない飴色の質感が人気です。ただ古めかしいだけでなく、懐かしさの中に斬新な色使いのファブリックをアクセントとしてプラスするなど、ハイセンスなコーディネートが楽しめます。

 

以上、北欧のインテリアの魅力についてお伝えしてきました。ぬくもりを大切にしたお気に入りのアイテムに囲まれた暮らし、あなたも是非試してみてくださいね。