部屋をおしゃれにするコツ | インテリア実例

家具の選び方 | インテリアアイテム購入時の5つのポイント

引越しや模様替えで新しいインテリアアイテムを購入する際、特に家具などは費用もそれなりにかかるだけに、絶対に買ってから後悔したくないですよね。

そこで、この記事ではインテリア購入時のポイントについてお伝えします。

ぜひ以下のポイントに気をつけて、お部屋のリニューアルを大成功させてください。

家具の選び方 5つのポイント

家具の選び方はデザイン性と機能性

1)まずはしっかりとイメージをしてみる

何よりも時間をかけたいのが自分の理想とするお部屋のイメージです。

大まかな雰囲気やテーマといったものが決まらなければ、必要なアイテムもはっきり見えてきません。

目指すテイストが決まれば、自ずと欲しいインテリア製品も絞られてきます。

2)ライフスタイルに合わせる

せっかくイメージができても、それが実際の生活スタイルに沿ったものでなければ本当に理想的とはいえません。

そこに暮らす人数や家族構成、年齢や価値観などによっても暮らしやすさは違ってくるもの。

  • 元気いっぱいの子供中心の若いご夫婦
  • 普段は留守がちで週末の時間を特に大切にしたいカップル
  • ペットとの生活を楽しむ方

・・・など現在そしてできれば近い将来も見越したライフスタイルを考慮してインテリア選びをすることが大切です。

3)プロのアイディアを参考に

インテリアショップや家具のショールームには、参考にしたい素敵なディスプレイがいっぱい。流行も意識したプロのコーディネートのワザをこっそり盗んでしまいましょう。

またWEB上にも簡単に真似できそうなインテリアの実例が多く紹介されているので、頻繁にのぞいてみるのもおすすめです。

4)デザインと機能性の両立

さて全体的な家具のテイストが決まってきたら、もう少し具体的に候補を絞っていきますが、ここで大切になるのが機能性です。

つい目の行きがちなデザインはもちろん大事なのですが、実際に使いにくいものでは後々残念な結果に。

家具は毎日使うものなので、少しでもストレスなく長く愛用できるものが理想です。

5)サイズは必ず実測してみる

「店頭やカタログ写真で見たイメージよりも大きすぎた・・・」

こんなお悩みの声もよく聞かれます。

広々とした店舗スペースや商品写真では当然イメージ重視でゆったりと見せる工夫がされているので、いざ自分の部屋に置いてみると部屋中が家具にという失敗談も多々あるもの。

こんな事態を招かないためにも、カタログなどに記載された商品サイズは部屋で実測してみることが重要です。

家具探しの際にはお店で見かけて気に入ったものをすぐに測れるよう、メジャーを持参すると良いでしょう。

またソファなどの大型家具でありがちなトラブルに搬入経路があります。

実際に置く場所は確保できていても、廊下やドアなどが通れず失敗したという例も多いので、くれぐれも気をつけましょう。